正しい入浴の徹底

背中ニキビの化粧品とエステランキング

背中ニキビを防ぐためには、正しい入浴方法を徹底することが大事です。

背中ニキビTOP > 入浴

正しい入浴を徹底しよう

入浴および体の洗浄は背中ニキビのケアにとって欠かせないポイントです。

しかし、入浴の方法や順番を誤ると、かえって背中ニキビの原因になってしまうことがあります。

入浴は毎日のことなので、背中ニキビがいつまでも治らないという場合は、入浴の方法または順番を根本から見直してみることをおすすめします。

ここでは入浴の正しい方法を紹介します。

背中ニキビのための入浴法

1.背中の毛穴を開かせる

背中ニキビは毛穴につまった皮脂や汚れによって発生します。

そのため、まずは毛穴つまりを取り除くために、背中の毛穴を十分に開かせましょう。

毛穴は体が温まると開く傾向にあるため、湯船にゆっくり浸かることをおすすめします。

2.シャンプー剤を背中につけない

シャンプー剤は背中に残ると背中ニキビの大きな原因となります。

特に髪の長い方は、洗っている間からシャンプー剤が背中につきやすいので、髪を前にたらし、下を向いた状態で洗うとよいでしょう。

3.体は最後に洗う

最初に体を洗ってしまうと、次にシャンプーした際、背中に付着したシャンプー剤がそのまま残ってしまう可能性があります。

そのため、まずはシャンプーを先に済ませ、後から体を洗うと、残っていたシャンプー剤もきれいに落とすことができます。

4.熱いお湯はNG

過剰な皮脂は背中ニキビの原因となりますが、適度な皮脂は肌を守るためにかかせません。

皮脂が少なすぎると、紫外線や雑菌などの影響を受けやすくなる上、少なくなった皮脂を補うため、体がさらに多くの皮脂を分泌し、過剰皮脂になってしまいます。

皮脂は熱いお湯をかけすぎると溶けて流れてしまうため、適温(ぬるま湯程度)を守り、肌に余計な負担をかけないよう注意しましょう。

5.こすりすぎは厳禁

体の汚れをしっかり落とそうとするあまり、スポンジやタオルで体をごしごし洗ってしまう方も多いのですが、こすりすぎは絶対に厳禁です。

特に背中ニキビができている部分はデリケートなので、強くこすりすぎると肌に負担をかけ、背中ニキビが悪化してしまう原因となります。

ごしごし洗いで背中ニキビがつぶれてしまうとニキビ跡の原因にもなりますので、背中ニキビの患部は特にやさしく洗いましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 背中ニキビの化粧品とエステランキング All Rights Reserved.