シャンプー剤が原因の背中ニキビ

背中ニキビの化粧品とエステランキング

シャンプー剤が背中に残ると、背中ニキビの原因となります。

背中ニキビTOP > シャンプー剤

シャンプー剤が原因の背中ニキビ

背中ニキビの原因として有名なのが、誤ったシャンプー方法です。

シャンプーした後に髪をすすぐと、すすぎ湯とともにシャンプー剤が背中を伝って流れ落ちていきます。

すると、背中にシャンプー剤が残留し、刺激となって背中ニキビの原因になってしまうことがあります。

これはリンスやトリートメントも同様で、髪にとっては良い成分でも、背中にとってはニキビ発生の要因になってしまうことがあるのです。

背中ニキビとシャンプーの関係

市販のシャンプーには界面活性剤とよばれる洗浄成分が含まれています。

界面活性剤は頭皮や毛穴につまった汚れを取り、肌を清潔に保つはたらきがあります。

しかし、すすぎ残しがあると、逆に刺激成分となってしまうほか、毛穴につまってニキビのもとになってしまいます。

髪や頭皮はよくすすいでも、背中に伝わるシャンプー成分には無頓着な方も多いので、シャンプーした後は背中のケアにも配慮するようにしましょう。

ちなみに、シャンプーした後に体を洗うようにすると、シャンプー成分の残留を防ぐことができます。

ボディソープにも注意

上記ではシャンプーと背中ニキビの関係について述べましたが、体に使用するとボディソープも背中ニキビの原因となることがあります。

ニキビは皮膚を清潔に保つことが一番なので、ボディソープによる洗浄は背中ニキビのケアに有効ですが、洗浄力が強すぎるものを使うと皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。

皮脂がなくなりすぎると、紫外線や雑菌によるダメージを受けやすくなるほか、反動で皮脂が過剰に分泌されてしまい、背中ニキビ発生の要因となります。

そのため、ボディソープは洗浄力の強すぎるものを使用せず、肌にやさしいものを選んでいくとよいでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 背中ニキビの化粧品とエステランキング All Rights Reserved.