アクネ菌が原因の背中ニキビ

背中ニキビの化粧品とエステランキング

アクネ菌は背中ニキビを悪化させる原因となります。

背中ニキビTOP > アクネ菌

アクネ菌が原因の背中ニキビ

背中ニキビの原因はいろいろありますが、『アクネ菌』もそのひとつです。

アクネ菌は人間の皮膚に必ず存在する常在菌のひとつで、普段は病原菌などから肌を守る大事な役割を担っています。

しかし、アクネ菌が過剰に繁殖してしまうと、背中ニキビが悪化し、ニキビ跡が残りやすい赤ニキビや黄ニキビまで進行してしまうのです。

では、なぜアクネ菌が増えると背中ニキビが悪化してしまうのでしょうか。

背中ニキビとアクネ菌の関係

アクネ菌は人間の皮脂を好み、繁殖・増加する性質を持っています。

背中ニキビは古い角質などで毛穴がふさがれ、大量の皮脂がつまることで起こる症状なので、アクネ菌にとっては格好のエサ場となります。

アクネ菌が過剰に繁殖すると、アクネ菌から発生する代謝物『ボルフィリン』が増えます。

このボルフィリンに紫外線があたると、大量の活性酸素が発生し、つまった皮脂を酸化させ、過酸化脂質に変化させます。

過酸化脂質は毛穴まわりに炎症を起こす原因となるため、結果的に背中ニキビの悪化につながるのです。

アクネ菌を除去するには

背中ニキビの悪化を防ぐには、原因となるアクネ菌を除去する必要があります。

アクネ菌は空気を嫌う『嫌気性』物質なので、毛穴のつまりを取り除き、空気に触れさせれば自然と繁殖しなくなります。

毛穴つまりの除去は、患部を丁寧に洗浄することが大切ですが、もともとアクネ菌は肌にとって大切な存在でもあるので、落としすぎるとかえって皮膚障害を招きます。

よって、背中を洗う時は洗浄力の強すぎるものを使用せず、低刺激でやさしい洗浄剤を使うようにしましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 背中ニキビの化粧品とエステランキング All Rights Reserved.